海外ドラマ初めの5分に学ぶ英語

集中するのは初めの5分間だけ!小さな達成感を積み重ねながら英語学習を続ける方法



【デスパレートな妻たちS2Ep1】はじめの5分に学ぶ英語

 

f:id:live-yourlife:20160123001357j:plain

 

こんにちは、kanataです。

わーい、シーズン2です。シーズン1はどうでしたか?個人的には今シーズン8(ファイナルシーズン)を見始めたんですけど、登場人物1人1人のことがもう他人のように思えないほど愛着があります。シーズン2以降のストーリーや会話も面白くて目が離せないので、無理せず英語学習も続けていけるといいですね^^

 

ナレーションは引き続きメアリー・アリスです。

 

It has been one year since my suicide.

私の自殺から1年が経ちました。

 

And a lot had changed on Wisteria Lane.

ウィステリア通りでは多くの変化がありました。

 

There were new flowers, new houses and new neighbors.

新しい花が咲き、新しい家が建ち、新しいご近所さんが引越してきました。

 

基本的なルール

集中して学ぶのは初めの5分間だけ

学ぶ英単語・フレーズは5~10

がんばりすぎない

小さな達成感を積み重ねながら続ける

 

まずはエピソードを全部みる。

物語を楽しむ。

2回目以降は初めの5分をくり返し見て、聞いて、以下の単語・フレーズが聞き取れるか、そしてどのような場面でどのようなニュアンスで使われているか確認。

 

以下の英単語・フレーズは出てくる順番に並んでいます。

 

英単語・フレーズ

 

1. Who ever said you were the father?

誰があなたが父親だって言ったの?

(誰もあなたが父親だって言ってないよ?)←Gabbyひどい

 

例文:

Who ever said that?

誰がそんなこと言ったの?

 

Who ever said you were invited?

あなたが招待されてるって誰が言ったの?

 

 

2. We should talk about this.

話し合わなきゃ。

 

 

3. 〜 passed away about 10 minutes ago.  I'm so sorry.

〜が10分前くらいに亡くなりました。お悔やみ申し上げます。

 

誰かが亡くなった時の「I'm sorry」は「ご愁傷様」とか「お悔やみ申し上げます」と言う意味で、その他シチュエーションでの「I'm sorry」は「残念だね」とか「気の毒だ」みたいなニュアンスで使われます。

 

 

4. So, walk me through what happened.

経緯を話してください。

 

「walk 〜 through」このフレーズは口語だけでなく、本などの文章にもよく使われるフレーズです。コチラが参考になります。

blog.listen-it.com

 

 

5. I'm sorry?

すみません、もう1度言ってもらえますか?

 

こちらの「I'm sorry」も謝罪のものではなく、相手が言っていることが聞き取れずもう1回言ってほしい時に使うフレーズ。

 

似たようなフレーズ:

What?

What did you say?

I didn't get that.

Come again?

 

 

6. I don't think he meant to hurt anybody. 

彼は誰も傷つけるつもりはなかったと思います。

 

例文:

I don't think he meant to say that.

彼はそんなこと言うつもりはなかったと思う。

 

I don't think he meant to lie.

彼、ウソつくつもりはなかったと思う。

 

 

 デスパレートな妻たちシーズン2はこちら

その他エピソードの英単語・フレーズはこちら

  

オススメ記事

live-yourlife.hatenablog.com

 

live-yourlife.hatenablog.com

  

tvdrama-english.hatenablog.com