海外ドラマ初めの5分に学ぶ英語

集中するのは初めの5分間だけ!小さな達成感を積み重ねながら英語学習を続ける方法



【デスパレートな妻たちS2Ep10】はじめの5分に学ぶ英語

 

f:id:live-yourlife:20160223190537j:plain

 

Bree: This pain that you are feeling is completely natural, but it's not gonna go away until you deal with it.

ブリー:今感じてる痛みは自然なものだけど、対処しないとなくならないのよ。

 

I want us to heal.  I want us to be a family again.

癒されたいの。もう一度家族になりたいの。 

基本的なルール

集中して学ぶのは初めの5分間だけ

学ぶ英単語・フレーズは5~10

がんばりすぎない

小さな達成感を積み重ねながら続ける

 

まずはエピソードを全部みる。

物語を楽しむ。

2回目以降は初めの5分をくり返し見て、聞いて、以下の単語・フレーズが聞き取れるか、そしてどのような場面でどのようなニュアンスで使われているか確認。

 

以下の英単語・フレーズは出てくる順番に並んでいます。

 

はじめの5分英単語・フレーズ

 

1. I just wanna chance to get to know you.

ただ、あなたのことを知れる機会がほしいの。

(もっと、あなたのことが知りたいの)

 

 

2. Thank you for coming on such short notice.

急なご連絡にもかかわらず、お越しいただきありがとうございます。

 

メモ:ビジネスの場面などで、よく使われるフレーズです。

 

 

3. Have you had any luck finding George?

ジョージのことは見つかったんですか?

 

似たようなフレーズ:

Did you find George?

Any chance of finding George?

Any luck of finding George?

 

 

4. Do you recognize this?

これに見覚えはありますか?

 

 

5. It's hard  to say.

言いにくいことですが。

 

 

6. It could have been anyone.

 

メモ:これは、英語独特の表現の1つで、日本語に訳しにくいのですが、その場その場でのニュアンスを感じていただければと思います。ドラマの中では次のような感じで出てきます。

 

Who was my birth father?

自分の産みの父親は誰?

 

I don't know, it could have been anyone.

分からない、it could have been anyone.

ニュアンス:あの人だったかもしれないし、あの人だったかもしれない。誰だって、あなたの父親である可能性がある。(あなたの父親である可能性の人はたくさんいる)

 

他の例

Do you have any idea who stole your watch? 

時計を盗んだ人に心当たりはないの?

 

I don't know, it could have been anyone.

分からない、it  could have been anyone.

ニュアンス:誰だって時計を盗んだ可能性がある。(時計を盗んだ可能性の人はたくさんいる)

 

 

7. What do I owe you?

(代金は)いくらですか?

 

似たようなフレーズ:

How much do I owe you?

 

 

8. It's no rush.

急ぎじゃないよ。 

 

 

デスパレートな妻たちシーズン2はこちら

その他エピソードの英単語・フレーズはこちら

  

オススメ記事