海外ドラマ初めの5分に学ぶ英語

集中するのは初めの5分間だけ!小さな達成感を積み重ねながら英語学習を続ける方法



【デスパレートな妻たちS2Ep15】はじめの5分に学ぶ英語

  

f:id:live-yourlife:20160330194313j:plain

 

Now and then, we all need a little help.

ときには、誰かの助けが必要なことがある。

 

So we ask for small favors.

だから小さな頼みごとをする。

 

But it's always best to be wary of those who eagerly come to our rescue.

でも、進んで私たちの助けに来てくれるような人には、気をつけた方が良い。

 

Because even the smallest of favors, carries a pricetag.

どんなに小さな善行にも、値札がついているから。

 

 

基本的なルール

集中して学ぶのは初めの5分間だけ

学ぶ英単語・フレーズは5~10

がんばりすぎない

小さな達成感を積み重ねながら続ける

 

まずはエピソードを全部みる。

物語を楽しむ。

2回目以降は初めの5分をくり返し見て、聞いて、以下の単語・フレーズが聞き取れるか、そしてどのような場面でどのようなニュアンスで使われているか確認。

 

以下の英単語・フレーズは出てくる順番に並んでいます。

 

はじめの5分英単語・フレーズ

 

1. We're set to go.

準備できた。

 

 

2. I think this whole thing is a tragic mistake.

これ全部、ひどい間違いだと思う。

 

 

3. So we shouldn't expect a wedding gift, huh?

じゃあ、結婚祝い(贈り物)は期待するべきじゃないかな?

 

 

4. Oh, can you grab me your wedding ring?

結婚指輪を取ってきてくれる?

 

似たようなフレーズ:

Oh, can you get me your wedding ring?

 

grab:つかむ

grab〜:〜を取ってくる

 

このフレーズは、会話の中でよく使われます。

よく聞くのは、「コーヒー買ってくる」というとき。

 

例文

A: I'll go grab some coffee.  Do you want anything?

コーヒー買ってくるけど、何かほしいものある?

 

B: No, I'm good.  Thanks.

いや、大丈夫。ありがとう。

 

 

5. Is that really necessary?

それ本当に必要?

(そうする必要ってある?)

 

 

6. We're on the same page now, so we should just focus on that.

お互い、意見が一致しているんだから、それだけに集中すればいいんじゃないかな。

 

on the same page:同じページにいる

つまり、同じ考え、理解、意見、などなど。会社の会議や、友達や家族などと、何かを決めるようなときに使われるフレーズ・

 

 

7. I haven't seen you in a while.

長い間、(このレストランで)見かけなかった。

(久しぶりですね)

(長い間、会ってないですね)

 

 

8. How about I call you a cab?

タクシーを呼びましょうか?

(私がタクシーを呼ぶのはどうでしょう?) 

 

似たようなフレーズ:

Why don't I call you a cab?

Should I call you a cab?

Would you like me to call you a cab?

 

 

デスパレートな妻たちシーズン2はこちら

その他エピソードの英単語・フレーズはこちら

  

オススメ記事