海外ドラマ初めの5分に学ぶ英語

集中するのは初めの5分間だけ!小さな達成感を積み重ねながら英語学習を続ける方法



【デスパレートな妻たちS2Ep16】はじめの5分に学ぶ英語

 

f:id:live-yourlife:20160403151334j:plain

 

Bree: The opposite of love isn't hate. It's indifference.

愛の反対は憎悪じゃなくて無関心よ。

 

And if you hate me, that means you still care, and we're still connected.

だから、私のことが嫌いなら、 あなたはまだ大切に思っているし、私たちは、まだ繋がっているのよ。

 

基本的なルール

集中して学ぶのは初めの5分間だけ

学ぶ英単語・フレーズは5~10

がんばりすぎない

小さな達成感を積み重ねながら続ける

 

まずはエピソードを全部みる。

物語を楽しむ。

2回目以降は初めの5分をくり返し見て、聞いて、以下の単語・フレーズが聞き取れるか、そしてどのような場面でどのようなニュアンスで使われているか確認。

 

以下の英単語・フレーズは出てくる順番に並んでいます。

 

はじめの5分英単語・フレーズ

 

1. You put my kids in danger.

あなたは、私の子どもたちを危険にさらした。

 

似たようなフレーズ

How could you put my kids in danger?

どうして私の子どもたちを危険にさらすことができるの?

 

You realize, you put my kids in danger, right?

私の子どもたちを危険にさらしたって自覚してるよね?

 

 

2. No, you're wrong.

違う、あなたは間違ってる。

 

 

3. It's not even close to being over.

まだ始まったばかりだよ。

(まだまだ終わりには近づいてないよ)

 

 

4. Well, it must be some mistake.

そうだね、(でも)何らかの間違いのはず。

 

メモ:「Well」は、クッション言葉のような感じで、文章のはじめに、よく使われる。相手の言ったことを一旦受け止めてから自分の言いたいことを言うときなど。

 

例文

Well, it must be a misunderstanding.

そうだね、(でも)何かの誤解じゃないかな。

 

 

5. So, apparently Bree had a few too many (drinks) and past out.

どうやら、ブリーは少し飲みすぎて、気を失ったみたい。

 

メモ:「had a few too many」の後には「drinks」が省略されています。

 

 

6. Have you seen Bree since?

それ以来、ブリーには会った?

 

 

7. I'm worried about her, but I don't know how I'm gonna get over what she did.

ブリーのことは心配だけど、彼女がしたことを、どうやって受け流せるか、分からないの。 

 

メモ:「get over」は「越えて行く」

たとえば、石につまずいたとしたら、それを越えて行くようなイメージ。つまずていたことが気にならなくなったような状態、許す、忘れる、過去のこととして受け流すようなニュアンス。付き合っていた人と別れた後、未練を残さず次に進むようなときも「get over」という表現が使われる。

 

 

デスパレートな妻たちシーズン2はこちら

その他エピソードの英単語・フレーズはこちら

  

オススメ記事