読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

海外ドラマ初めの5分に学ぶ英語

集中するのは初めの5分間だけ!小さな達成感を積み重ねながら英語学習を続ける方法



【デスパレートな妻たちS3Ep12】はじめの5分に学ぶ英語

 

f:id:live-yourlife:20160906054649j:plain

 

面白かったシーン(23:45あたり)

イーディ:オスティンとジュリーがデキちゃったら、私たちは家族になるかもしれないのよ。それだけは、しっかり阻止しなきゃ。

 

基本的なルール

集中して学ぶのは初めの5分間だけ

学ぶ英単語・フレーズは5~10

がんばりすぎない

小さな達成感を積み重ねながら続ける

 

まずはエピソードを全部みる。

物語を楽しむ。

2回目以降は初めの5分をくり返し見て、聞いて、以下の単語・フレーズが聞き取れるか、そしてどのような場面でどのようなニュアンスで使われているか確認。

 

その他、海外ドラマに出てくる英語フレーズはツイッターで見ることができます。

Follow @TVdramaEnglish

  

以下の英単語・フレーズは出てくる順番に並んでいます。

 

はじめの5分英単語・フレーズ

 

1. Buyer asked to remain anonymous.
購入者は、匿名であることを希望されました。
 
 
2. I'll take it.
これにする。
これお願いします。
 
メモ:何かを買うときに使えるフレーズ。
 
 
3. I owe you one.
1つ借りができた。
 
 
4. What did you have in mind?
何を想像してたの?
 
 
5. Why don't you just call the cops?
なんでただ警察を呼ばないの?
(ただ警察を呼べばいいのに)
 
 
6. Now that's pretty sweet.
それはとてもカワイイね。
 
メモ:ギャビーが、1人だと怖いから、いてくれるだけでいいとカルロスに言って、それに対してカルロスが「Now that's pretty sweet.」
 
「sweet」には、「優しいね」「かわいいね」「素敵だね」みたいなニュアンスがある。
 
 
7. Glad I could help.

 あなたの助けになれて嬉しいよ。

 

 

 

その他エピソードの英単語・フレーズはこちら

  

オススメ記事